事例でわかるカードローン審査

無職になり、じぶん銀行のカードローンでお金を借りた

無職になり、じぶん銀行のカードローンでお金を借りた

私本人・妻・母の3人で新築一戸建てに暮らしております。
一昨年11月から昨年5月まで無職になり、税金等で退職金を使い切り、再就職できましたが、毎月のやりくりでキャッシングを利用しております。
今のところ、完済の見込みもなく、継続利用中です。
前職と今の職では給料日が違い、ローンなどの引き落とし日が給料日より先に来てしまうためのやりくりや、税金の補てんに利用しています。
また、急な用入りの時にも利用しています。
じぶん銀行のカードローンです
給料の口座と直結なので、返済がわかりやすいから。
無条件で、返済金額が引き落としされるので、少しは安心します。
いわゆるサラ金会社から借入することは考えてませんでした。
おもに銀行ATMを利用しました。
営業時間外でも借り入れできるのが便利でした。
最初は5万円です。
でもその後10万円、5万円、8万円と借りています。
5万円/月
簡単に借りられるのが怖かったです。
借り入れしている金額を把握できないところも怖いです。
また、5万円/月を超える時もあります。超えた分は積もっていくので、結果としてなかなか完済できないのが実情です。
あります。継続しています。
正直、今の給料ではカードローンに頼って生活するしかありません。
正直、お金を借りた実感がありません。自分の給料から、毎月いくらまで返済可能かよく考えてから、借り入れをしてください。
また、転職したばかりなど、お給料が安定しないときには、控えたほうが無難だと思います。
特に、自動繰り越しを利用していると、いつの間にか借入額が増えていますので、こまめに借入枠と
実際に借入している金額のチェックは大事です。
自分はそれを怠ったために、無限ループになってしまっています。

カードローン審査の事例