事例でわかるカードローン審査

スマホでレイクからお金を借りる方法

スマホでレイクからお金を借りる方法

わたしは34歳の女です。
正社員として働いていますが独身で一人暮らしをしています。
給料の手取りは18万円ほどで家賃が8万円かかるため、毎月の生活は結構きついです。
レイクからスマホで融資を申し込んでお金を借りたので、その時のことを書きます。

会社や身内で急な不幸が重なり、給料日前に生活費がなくなってしまったからです。
レイクで借りました。
ネットで調べていたとき、スマートフォンで融資の申し込みができるとあり、便利だと思ったからです。店舗に行かなくてよいということで、申し込みのハードルが下がりました。
スマートフォンで審査の申し込みをしました。身分証明のための運転免許証はカメラで撮り、メールで送りました。その日のうちに融資が決まりました。借りたお金は銀行口座に振り込んでもらいました。なので、お金を引き出すときは銀行のATMを使います。銀行のATMはどこにでもあるので便利だったし、レイクのATMに行かなくてよいので人目を気にする必要がなく、とてもよかったです。
10万円
翌月、一括で返済しました。銀行の口座から自動引き落とししてもらいました。
思っていた以上に手続きが簡単なことに驚きました。拍子抜けした気持ちです。お金を借りるということはもっと大ごとなことだと思っていたので。ただ、返済までの間は始終落ち着かない気分でした。今日会社を首になったらどうしよう、事故にでもあってお金を返せなくなったらどうしようと、起こりうるアクシデントを予想してはおびえていました。通帳の記帳でちゃんと引き落としされているのを確認したときにはほっとしました。
できるだけ借りたくないです。あのそわそわとした落ち着かない気持ちは二度と味わいたくないので。でも、このときのように急な出費が重なったり、貯金が底をついたらまた借りてしまうと思います。そういう意味では、私にとってキャッシングのハードルは、何も知らなかった頃よりは下がったかもしれません。それに社会人になると、お金がなくても「今、お金がなくて」と言うことができないことがよくあります。
返済できるだけの金額しか借りないように気を付けた方がよいです。返済の目途がたたないお金を借りてしまうと、返せなくなったとき大変なことになります。また、返済は銀行口座からの自動引き落としが便利だと思いました。返済のためにレイクのATMに行かなくて済むし、返済日にうっかり返し忘れることを防ぐことができます。借りるときに、口座番号を登録しておくとよいです。

カードローン審査の事例